寄せられたメッセージ

はじめての動物園。幼い子供でも安心して動物たちとの触れ合いを満喫することができてとても楽しかったと、 今でも大切な想い出だそうです。(合志市 66歳 男性)

みつめる先にあるのは、仲間?食べ物?それとも熊本の未来?! (熊本市 42歳 女性)

今年81歳になる私の母は、大の動物園ファンです。 二年前転倒で足のケガで入院、「退院したら一番に動物園に行きたい。」とリハビリに励み、念願の動物園へ。ここに来るのが自分の生きがいだといいます。地震時「動物達は大丈夫だろうか?」と心配していた母、ニュースで復興に向けての活動に涙していました。一日も早く元の活気ある動物園に戻れますようにと家族全員で願っています。(熊本市 42歳 女性)

夜間の動物園から見る花火にわくわくしました。(熊本市 55歳 男性)

夜の動物園遊園地にわくわくしました。(熊本市 55歳 男性)

夜の動物園から見る花火にわくわくしました。(熊本市 55歳 男性)

この時1歳だった息子も今年は5歳。 今でも動植物園が大好きです。 全面再開を楽しみにしています!!(熊本市 女性)

「被災状況見学会」に参加しました。 正門付近の被害のすごさに声も出なくなるくらいでした。 でも、マルルをはじめとする、動物たちがとてもうれしそうに迎えてくれて明るい気持ちになりました。多くの人たちに見てもらえるよう、1日も早い復旧を期待します。(熊本市 53歳 女性)

江津湖や動植物園は、子どものころ両親や友達とよく行った思い出の場所です。最近は行くことも少なくなっていましたが、地震後の被害状況を聞き、昔の思い出がよみがえり、久しぶりに尋ねてみたくなりました。まだまだ復興は大変かと思いますが、少しでも応援できればと思っています。(熊本市25歳 女性)

2月25日の部分開園後早速家族で行ってきました。長女(7歳)も、大好きなゾウを1年ぶりに間近に見ることができ、とても喜んでしました。私たち、子どもたちと世代を超えて親しまれている動植物園。懐かしい昔の姿を取り戻す日を待っています。(熊本市 28歳 男性)